株式会社ジインズ

Japan Info Net Service

SyncWare Type2 (desknet’s ⇔ Exchange)

スケジュール同期システム SyncWare シリーズ Type2は、グループウェアのdesknet’s NEO(オンプレミス版)とMicrosoft Exchange Server 2013/2016/2019、Exchange OnlineのスケジュールやTODOを双方向に同期します。

双方向同期

スケジュールおよびTODOを双方向で同期します。desknet’s で修正した内容をExchangeへ、Exchangeで修正した内容はdesknet’sにそれぞれ同期します。

繰り返しスケジュールも同期

繰り返しスケジュール(定期スケジュール)も双方向で同期します。毎日、毎週(単一曜日、複数曜日)、毎月(日付指定)、毎年(1年毎)に対応しています。

※2年毎以上及び不定期スケジュールは同期対象外です

TODOも双方向同期

TODOも双方向に同期します。件名、内容、期限、完了日、優先度が同期されます。

添付ファイルも同期

スケジュールの添付ファイルも同期します。

複数の登録先にも対応

自分以外の登録先(Exchangeでは参加者)の情報を双方向で同期しますので、組織でも利用も問題ありません。

設備予約にも対応

設備の予約もスケジュールと一緒に双方向に同期します。

※desknet’s で設備に直接登録したスケジュールはExchangeに同期すると、その本人の予定表に登録されます。その後、Exchangeでそのスケジュールを修正すると、次にdesknet’sに同期された時に、desknet’sも本人のスケジュールに予定が追加されます。

グループ機能

ユーザーグループを作成でき、グループ毎にスケジュールの同期間隔や同期期間を設定できます。

動作環境

APPサーバー DBサーバー
対応OS Windows Server 2016
Windows Server 2019
Linux
DB SQL Server 2016
SQL Server 2019
PostgreSQL 10
その他 Java OpenJDK11

※ユーザー数が少ない場合はAPPサーバ、DBサーバは同一のサーバでの運用も可能です

 推奨スペック(5000ユーザー想定)APPサーバ2台、DBサーバ1台

APPサーバー DBサーバー
CPU 2GHz 8コア以上 2GHz 8コア以上
メモリ 16GB 32GB
HDD アプリ領域で50GB以上 アプリ領域で100GB以上

価格について

syncware@jins.co.jp まで、メールでお問い合わせください。